健康系

HMBはダイエットに効くのか問題!

こんにちは!

今回のテーマは「HMBはダイエットに効くのか問題!」についてです。

youtubeを見ていたら広告でバキバキの体になりたい人とか、脂肪を燃焼したい人など、とても効果が高そうに感じてしまい一度試してみたいなと思わせる内容がたっぷり伝えてあります。

実際に科学の中ではHMBについてどうなのか、最新の情報をお伝えします。

 

HMBの広告はこんな感じ

 

バルクアップHMBプロについて

バルクアップHMBプロがおすすめな人

HMB以外の成分

参照:https://b0nds.jp/lp/hmbpro2/?ad_code=rank

 

HMBの科学

HMBとは必須アミノ酸の1種であるロイシンの代謝産物で、筋トレによる筋肥大と筋力増強の効果を最大化させるもののようです。

ロイシンには筋肉の損傷を回復させる効果があり、筋肥大にタンパク質が行きやすくなり筋肉を増大しやすくなるようです。

 

初心者には効果が高いって研究もあり

筋トレ未経験者37名を対象に

  1. HMBを使わないで週3回の筋トレ
  2. 1日3gのHMBを使って週3回の筋トレ
  3. 1日6gのHMBを使って週3回の筋トレ

すると、8週間後の結果は、

  • HMBを使わないグループは筋肉が微増
  • 3gのHMB を使ったグループは筋肉が2kg増量
  • 6gのHMB を使ったグループは筋肉が減った

 

6gで筋肉が減ったと良く分からない結果になりますが、増大しやすいってのが認められたそうです。

 

しかし、筋トレ歴1年以上やアスリートの研究に対しては

 

f:id:takumasa39:20180823150621p:plain

参照:リハビリメモ

上記の上3つがHMBで一番下が偽薬となるのですが、効果が見られませんでした。

 

現在のところ初心者に効くかも!しかしトレーニング中級者以上の人には効果無し』

 

個人的意見

単純に初心者が効いたのはもともとタンパク質が足りなかったからじゃないかな?ってところが引っかかるところで、HMBとプロテインでの比較もして欲しいなっと思います。

中級者以上には効かないって、初心者と中級者以上の違いってタンパク質くらいしかないし、またマッスルメモリーで筋肉が一時的に効果が出たかも知れないし、プロテインや肉などでタンパク質を取ればHMBはいらないかなと思います。

 

また、広告であるように

クレアチンやBCAA、アルギニン、グルタミン酸、ビタミンBなど含まれて1万越えは高いなと思います。

 

なぜなら、

国際スポーツ栄養学会によると

・クレアチンはA評価

・その他はB以下の評価で限定的に効果があるかもぐらいですし、

・ビタミンBは肉や野菜取ってれば不足しないからそっちで摂ればいいんじゃないかと思うわけです。

 

クレアチンは良い成分ですが、

クレアチンは高くても2500円で1㎏入ってます。

クレアチンは5g毎日摂れば摂ると良いですが、5g毎日摂っても200日分なんです。

 

プロテインのアイソレート商品の高いものとクレアチンを買っても一万円はいかないので、よりHMBは摂る必要性を個人的には感じさせません。

よく知らないものに飛び込むのは良いですが、過去の研究で健康的に過ごす方法や食事の取り方など散々あるので、そちらを試してもダメだったらで良いんじゃないかと思いました。

 

広告の運動が面倒くさいってありますが、基本的に研究では筋トレをしてますし、バキバキを目指すなら筋トレはある程度必須です。

また痩せるためなら運動がもともと影響が少ないので、言葉の綾に引っかからないように気を付けてくださいませ。

 

まとめ

個人的にはHMBは全く取らなくても良いかなと思います。

高価だし、効果があるのかないのか分かりにくいですし、もっと効果がありそうな研究で認められれば使いたいなと思います。

 

一つの情報は正しいか誤りかどうか分かりませんので、色々な情報を集めてみてはいかがでしょうか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です