健康系

今まで試したサプリ(メラトニン)

今回は今まで試したサプリ「メラトニン」についてです。

メラトニンは体内の時計を司るホルモンで、夜になるにつれてホルモン量が増える事で、眠気を誘い眠りにつくことが出来ます。

睡眠はとても重要な事で、眠れない人はメラトニンの放出が足りてないのも要因の一つになります。

メラトニンを摂る事でのメリットが多いのでご紹介致します。

 

メラトニンの効果

 

 

メラトニンの効果は睡眠の質を上げれる事になります。以前に紹介していた睡眠が少ない事でのデメリットを上げていきます。

身体面のデメリット
  • 筋肉が成長しにくい:ダメージを受けた筋肉はレム睡眠時に回復するので、質の高い眠りは筋トレの効果を上げるのに必須。また、睡眠中は成長ホルモンも出るので、寝不足だと筋肉の発育が遅れちゃうようです。トレーニングは「運動+休憩」ですのでトレーニング効果が無駄になるかも。
  • 糖尿病のリスクを上げる:2005年の実験によれば、睡眠不足は血糖値のコントロール能力を弱らせ、糖尿病のリスクをはね上げる。睡眠が6時間の人は、睡眠が7〜8時間の人にくらべて糖尿病リスクが1.7倍になり、睡眠が5時間だと2.5倍になるようです。
  • デブる:睡眠不足には食欲を暴走させる作用がありまして、激しく肥満の原因になる。有名なのは2004年の実験で、500人の男女を13年にわたって追いかけたところ、1日の睡眠が7時間以下の人は約8倍もデブる確率が高かったようです
    睡眠不足はデブのもとですね!
  • 肌トラブルになりやすい:以前に「睡眠不足で老化が進んだ肌の再現動画」を取り上げたとおり、よく寝てない人の肌はボロボロになりがち。2008年の論文では、睡眠不足による肌トラブルとメンタルの悪化は同時に起きる模様。また、よく寝ている人は紫外線のダメージにも強く、傷の治りも速い傾向があったようです。
    肌の悩みは腸も問題ですが、睡眠不足も問題そうですね!
  • 頭痛になりやすい:睡眠不足で偏頭痛が起きるって研究は山ほどあるようです。もともと偏頭痛はいろんな原因で起きるんですが、なかでも睡眠不足は大きな理由の1つです。頭痛のある方は睡眠不足かも!
  • 免疫力が低下する:2009年の実験では、153人の参加者を風邪のウイルスに伝染させたところ、1日の睡眠が7時間以下の人は、そうでない人にくらべて3倍も発症率が高かったようです。
    逆に寝れば免疫力がアップ!
  • 癌になるリスクを上がる:2003年の調査では、夜勤が多くて体内時計が狂いがちな人ほど、大腸がんと乳がんの発症率が高かったそうな。
  • 心臓への負担が高い:1996年の大規模なリサーチによれば、1日の睡眠が5時間以下の人は心臓病の発症率が45%も高くなるとか。眠いのに起き続けてると血圧が上がり、心臓周りにダメージを与えるようです。

メンタル面デメリット

  • 幸福感が下がる:909人の女性を調べた研究によれば、睡眠の質が悪くなるほど幸福感が減り、仕事のプレッシャーに弱くなるようです。睡眠不足がもたらす悪影響は、賃金の低さよりも大きいらしいです。
    小さな幸せは色々とありますが、そこに気が付けず、イライラが増えそうですね。
  • 学習能力の低下:ご存じのように記憶は眠ってる間に強化されるので、睡眠不足は学習の効率を遅らせます。2000年の実験では、参加者をよく眠らせたあとでテストしたところ、以前よりも格段に点数が上がったようです。逆に睡眠不足の参加者は、他よりも新しいスキルを身につけるスピードが極端に遅かったようです。
    部活動で疲れすぎて睡眠の質が下がって、勉強の効率が下がってと悪循環にならないように気を付けないといけないですね。
    学生は一日動き過ぎなので大変そうですね。
  • うつ病と不安が倍増:2005年の実験では、睡眠不足の人ほどうつと不安の傾向が高く、自尊心も低い傾向が見られたとか。1996年のメタ解析でも、睡眠不足は気分や脳の認知機能を損なわせるとの結論。 不安で眠れない、眠らないとストレスが貯まる、さらに眠れないと悪循環になるんですね。
  • お金が無くなる:2011年のおもしろい論文によれば、睡眠不足は人の経済判断を狂わせ、よりリスクの高い投資やギャンブルに手を出しやすくするんだそうです。
    ギャンブルでお金を良く使う人は睡眠不足かも知れませんね。 
  • アル中になる:米国医学研究所いわく、睡眠不足とアル中にはハッキリした相関関係があるとのこと。この傾向は若い世代に顕著で、睡眠が足りなくなるほどアルコールの消費量も増えていくみたいです。なんでも、睡眠不足で脳の報酬系(快楽を感じるエリア)が狂い、結果としてリスクの高い行為に手を出しがちになるそうな。
    気が狂っている方は寝不足かも知れませんね。
  • しゃべれなくなる:2010年の実験では、わざと睡眠不足にさせた参加者たちは、同じ単語を何度も使い、決まり文句のくり返しが多く、単調なトーンでボソボソとしゃべるようになったようです。同時に、自分の考えをうまく表現できず、イライラを見せるケースも多かったようです。
    うまく脳の機能が作用しないので、考えがまとまらないし、声も出せないし、やる気がないと思われそう。
    もしできなのは睡眠不足のせいかも?
  • 事故の死亡率を高める:スウェーデンで50,000人のデータを調べた研究によれば、睡眠不足は交通事故の死亡率を2倍に高めるそうな。なんせ睡眠が足りないと注意力が下がっちゃうんで、事故に巻き込まれやすくなるようです。
    注意力低下は事故だけじゃなく仕事のミスも増えそうなので、体を大事にしていきましょう。
  • 睡眠不足でイライラと怒りが増す:2005年の論文によれば、睡眠不足にはネガティブな感情を倍増させる作用があり、小さなことにも怒りを覚えてしまう傾向が高まったとか。
    もしかすると、恋人のイライラは睡眠不足のせいかも知れませんね!

 

簡単に言うと、睡眠は脳の機能を活性化や自律神経を整えたり、本能の制御をしたり、集中力をあげたり、免疫が正常に機能させるように働くわけです。

睡眠は7~9時間程度はほしく、4時間未満だとずたぼろになるケースがほとんどです。

なので、睡眠時間を削るような事をすると若くして大病にかかる可能性が飛躍的に上がりますのでご注意が必要です。

 

まとめ

 

 

個人的にはメラトニンサプリは良いと思っていて、飲んでから30分~1時間程度で眠くなるので睡眠時間がある程度確保できています。

メラトニンの依存性は今の研究ではないのでオススメです。(たまに飲み忘れても全然平気でした)

一日にリズムが崩れている人は飲んでみてはいかがでしょうか?

Source Naturals, ナイトレスト、メラトニン配合、100 タブレット

 

ナイトレスト

メラトニンの他にも、マグネシウムや鎮静作用のあるハーブがあるので、睡眠の質が上がりやすくなります。

辛い人はどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です