ジャーナル

短い睡眠は骨が折れやすくなる。

こんにちは!

今回のテーマは「短い睡眠は骨が折れやすくなる。」です。

 

閉経後の女性に多い問題【骨粗鬆症】!

骨密度と睡眠の関係について研究したニュースがありましたのでご紹介致します。

 

短時間睡眠が骨密度低下や骨粗鬆症リスク増加と関連

 

女性の健康イニシアティブ(WHI)に参加した閉経後女性1万1084人を対象に、睡眠の時間および質と骨密度および骨粗鬆症の関連を横断研究で検討した。

線形回帰モデル解析の結果、1晩当たりの睡眠時間が5時間以下のグループで、全身、股関節、大腿骨頚部および脊椎の骨密度が対照群(睡眠時間が7時間)よりも平均0.012g/cm2-0.018g/cm2低かった。調整後多項回帰モデル解析で1晩当たりの睡眠時間が5時間以下群で股関節の低骨量および骨粗鬆症オッズが増加し(オッズ比1.22、1.63)、脊椎でも同様にオッズ増加が見られた(同1.28)。WHI不眠評価スコアで評価した睡眠の質と骨密度に統計的有意な関連は見られなかった。

 

個人的な見解

睡眠の質に影響はなく、睡眠の時間に影響だけしていたのは面白いなと思いました。

今回の研究で5時間未満は骨密度の影響はあるようで、低下していました。

 

単純に睡眠が少ない人は、睡眠の時間を伸ばすだけでも長期的にメリットが多いので、睡眠の時間の見直しをしてみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

睡眠はとても大事!

睡眠にお困りの方は様々な対処方がありますので、読んでもらいたいオススメ記事を読んでもらいたいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です