コラム健康系

その怪我の治し方は大丈夫?

事件はレントゲンに起きてる訳ではありません!患者さんの身体で起きているんです。

こんにちは!郡山市堤にあります、きのした鍼灸接骨院の木下です。

本日は細胞のお話を致します。

なぜ細胞のお話をするかと言うと、怪我をした時に損傷されるのは細胞です。

筋肉にある筋細胞、神経にある神経細胞、骨にある骨細胞などなど、体には様々な細胞があります。

体の細胞はどのように正常に保てているか知っていますか?

それは、細胞の周りにある細胞外液によって正常に保てています。

細胞外液とはリンパや血漿、細胞の間にある間質液(組織液)などなど人間の体の中にある体液を指します。

さてここからが本題になります。体の怪我についてです。

腰が痛いとか肩が痛いとかの原因として体の歪みがあります。

体の歪みがあるとリンパや血液の流れが悪くなります。

流れが悪くなると細胞外液の状態は異常なので細胞の中も異常になります。

この状態では細胞が壊れやすい状態です。

マッサージをして一時的にリンパや血液の流れを良くしても、体の歪みが取れなければまた流れが悪くなり痛みがでます。

その他の例では足首の捻挫で靭帯が切れた場合、足首の骨の位置がずれる場合があります。その状態で安静に固定していても細胞外の状態が悪いので治りは遅くなります。

しかも、足首の捻挫した際に、時間が経てば痛みが無くなって治るから放置してしまう方もいますよね。足首に取ってあまり良くありません。回復を遅らせる原因にもなりますし、関節が曲がったまま固まる後遺症を残す事もあるでしょう。庇う事で体のバランスが崩れて、その他の場所の痛めてしまう危険性もあります。

例えが正しいか分かりませんが、あるブラック企業の上司(原因)がいて、怒られ続けて精神的ダメージ(ケガ)を負ったとします。

その後、怒られるのは自分が出来ていないからだ!と頑張り続けます(ケガの放置)。

次第に身も心もぼろぼろになりうつや精神障害(後遺症)が治りにくい状態になっていくのです。

体のケアは大事です!!

体のケガの原因について本当に治し方は大丈夫でしょうか?

以上です。

当院ではスポーツでのケガを早期復帰が期待できる治療、超音波治療を行っています。

ご遠慮なくお問い合わせください。

 

【郡山市接骨院】きのした鍼灸接骨院

住所:福島県郡山市堤1丁目131-2 ドゥ・ウエルY 近くに郡山高校があります。

電話:024-983-0590

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です