外科系頸部

寝違え

こんにちは!郡山市堤にあります、きのした鍼灸接骨院の木下です。

今回のテーマは「寝違えについて」です。

症状

眠って起きた際に首から肩にかけての痛みが出るもので、総称として寝違えといいます。

動かすと痛みが出現しますし、痛みが強すぎて首が動かせない場合もあります。

原因

寝る姿勢で筋肉が圧迫して虚血となり、痛みが出る場合や、いつもはしないスポーツや労働での筋肉の負担が大きくなり痙攣して損傷する場合、首の後ろにある頸椎の関節包が炎症する場合など、様々なケースがございます。

例えば夜お酒を飲んで酔っ払ったままいつの間にか床で寝てたり、布団ではなくソファーで寝ていたり、デスクワークで首を動かさず急に振り向いたなどなどです。

デスクワークで首を痛める原因についてこちらをご参照ください。

脇の下の腋窩神経の圧迫による寝違えもあると報告はありますが、腋窩神経は肩の筋肉を支配しているので、不明です。

診断

頸椎ヘルニア、頸椎症、強直性脊椎炎など鑑別診断が必要です。

しびれや腱反射での減弱がある場合は寝違えとは違う症状になります。

治療期間は約3週間程です。

受傷時よりも1~3日目に痛みが強く出る可能性があります。治癒までの過程を参照ください。

3日目以降から徐々に痛みが軽減していきます。

様々な原因が関わってきますのでケースによって治療の仕方が変わります。

放置しても痛みは引きますが、原因は取れないので治療をする事がおすすめです。

 

痛みがある場合は自分でなんとかせず、治療をしていきましょう。

以上です。

お身体の悩み、スポーツでのケガや日常生活での怪我がありましたら、ご遠慮なくご相談下さいませ。

 

【郡山市接骨院】きのした鍼灸接骨院

住所:福島県郡山市堤1丁目131-2 ドゥ・ウエルY 近くに郡山高校があります。

電話:024-983-0590

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です