心理系

日本人は自己肯定感が低い。かなりの問題である。

こんにちは!

今回のテーマは「日本人は自己肯定感が低い。かなりの問題である。」

自己肯定感とは今の自分に満足しているかって事になるのですが、日本人の自己肯定感はかなり低いものとなります。

自己肯定感が低いと言う事は、自分自身を分かっていないか、他者と比べて高望みをしているものとなります。

 

実際にどれくらい自分自身に満足していないのか表がありましたのでご紹介致します。

 

日本人の自己肯定感は低すぎる。

 

図表1 自分自身に満足している

内閣府 参照

 

国民の半分以下が自分には満足していないようです。

てことは、常に満足していない事でストレスを抱えている人が半数以上いる事になります。

 

ストレス下での持続的な筋緊張が、慢性的な痛みの発症につながると判明でもあるように、ストレスが続いてしまうと痛みの発症に繋がります。

 

私としては医療者なので痛みがあれば診るのでそれが売り上げになります。

 

ただ、本当に自分の人生が満足しないだけで余分なコストを払う意味はあるのでしょうか?

 

治療受けるための交通、治療時間などの時間的コスト、治療費の経済的コスト、体調不良により能力低下での生産性低下。

 

デメリットがでかすぎると思います。

 

医療施設での診療のコストを考えれば日常生活を一工夫するだけでも、頻度を抑える事は可能です。

 

自分がどのようになっていたら満足出来るのかを時間を取って考えてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です