ダイエット 健康健康系

野菜の一日に取った方が良い量はあなたは知っていますか?

こんにちは!きのした鍼灸接骨院の木下です。

今回のテーマは「野菜の摂取推奨量」についてです。

皆様は野菜をどれだけ食べていますか?

少しは取った方が良いと食べてるかも知れません。

しかし、少し食べたから良いというわけではございません。

ちなみに、農林水産省の推奨している量は「350g」です。

皆様は食べているでしょうか?

日本のデータでこんな記事がありました。

1日平均133グラム

 国が掲げる「21世紀における国民健康づくり運動(健康日本21)」では、成人1日の野菜摂取量目標は350グラム以上。しかし、平成26年国民健康・栄養調査では、平均292・3グラムと目標を下回っている。

 食品メーカーのカゴメ(名古屋市中区)は今年3月、20~69歳の男女410人から、3食3日間分の食卓画像3690枚を収集。管理栄養士3人が画像を見て、目測で野菜摂取量を推計した。

 その結果、1日の平均野菜摂取量は133グラム。国の目標通り350グラム以上を摂取している人はわずか5%しかいなかった。また、年代別では、20~34歳が99グラム、35~49歳が122グラム、50~69歳は164グラムで、若い世代ほど摂取量が少なかった。会社員やパート・アルバイトなど、働いている人ほど野菜不足が目立っている。

日本人の野菜摂取量に満たしている人はこれだけの人数しかいないようです。

350gの野菜は結構ボリュームが多いです。

ちなみに野菜ジュースの栄養が足りていない部分も多く、糖分も多い。
しかも、食物繊維が足りない事が多いようです。

食物繊維の1日の推奨量は男性20g、女性は18gです。

野菜ジュースはの大半は0.1~2.0g程度です。

食物繊維が足りていない方は「難消化性デキストリン」を取ると良いようです。

難消化性デキストリンは食物繊維不足を補うためにトウモロコシのでんぷんから作られているようです。

この成分が入っている商品がトクホとして売られているようです。

ジュースのトクホは高いので、アマゾンとかで売っている難消化性デキストリンは比較的安価になります。

水にスプーン一杯分の難消化性デキストリンをとる事で食物繊維が補えるようですので、
野菜を食べるのが一番ですが、取れない方はこちらで補ってみてはいかがでしょうか?

 

お身体の悩みでご相談がございましたらご遠慮なくご相談下さいませ。

【郡山市接骨院】きのした鍼灸接骨院

住所:福島県郡山市堤1丁目131-2 ドゥ・ウエルY 近くに郡山高校があります。

電話:024-983-0590

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です