健康系

相手の気持ちを知りたい?それは自分の気持ちを理解する事

こんにちは!

今回のテーマは「相手の気持ちを知りたい?それは自分の気持ちを理解する事」です。

相手の気持ちって分からないですよねー

私も分かりません!

しかし、相手の気持ちをどう考えているのか、複数の選択を出す事は可能です。

そこで、相手の気持ちを考える上で必要な事とそれに対する簡単なトレーニングをご紹介致します。

 

 

相手の気持ちを理解するには、まず自分の気持ちを理解する

相手の気持ちを完全に理解するのは、どんなに心理学を勉強していても不可能です。

ただし、相手の気持ちに近い考えを持つことが可能となります。

なぜなら、自分が思っている事は大抵の人が思っているからです。

 

例えば

猫を見た時に感じる「可愛い」は大抵の人が感じますし、綺麗な花を見た時に「綺麗」と感じます。

 

なので、自分の感覚を見つめ直す事で、その経験を積み重ねて要約、相手の気持ちを理解するのに近づく事が出来ます。

 

 

内部感覚を鍛える

内部感覚を鍛えるには「瞑想」が良いと言われています。

しかし、瞑想って様々なやり方があるし、難しいとか、良く分からないって事が多いと思います。

そこで、簡単なものをご紹介致します。

 

1 心拍数を数える

心拍数とは、1分間の脈数の事です。

通常は、腕とか胸とかに手を当てれば簡単に測る事が出来ますが、トレーニングでは手を当ててはダメです。

 

やり方

1分間 心臓の鼓動を意識して、カウントする。

 

自分の心拍数のカウントがうまい人は金持ちになりやすいって言われますので、チャレンジしてみてください。

 

2 全身のストレッチ

自分の体の状態を把握するのも、内部感覚を鍛えるトレーニングとなります。

・足裏
・ふくらはぎ
・太もも
・お尻
・お腹
・背中
・胸
・肩甲骨
・肩
・首
・上腕
・前腕
・手
・首

一か所あたり15秒くらいのストレッチを行います。

 

いつもより

・固いのか柔らかいのか?

・伸ばした時に気持ち良いのか痛いのか?

・何故今日はその状態なのか?

など向き合う事で内部感覚を鍛えるトレーニングとなります。

 

3 ヨガ

以前にもヨガの神髄(にわか)で書いたのですが、ヨガって瞑想に近いものとなります。

難しいポーズを如何にして出来るようになるのか、自分の体を見つめているってのが良いようです。

 

まとめ

自分を理解する事で、相手もどう考えてるのか分かりやすくなります。

なので、是非、自分の感覚を素直に捉えてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です