コラム健康系

感情の乱れを一時的に安定させるために痛み止めは有効なのか?

こんにちは!

今回のテーマは「感情の乱れを一時的に安定させるために痛み止めは有効なのか?」です。

 

感情の乱れについての個人的な考え

 

以前にパブロンの飲み過ぎはヤバいらしい!で紹介したのですが、何だか痛みと感情は関係があるといわれていまして精神的に乱れがある方の一時的なものであればオススメかなと思います。

 

しかし、痛み止めを含んで精神の安定を求めてしまうと、日頃のダメージが多い証拠です。

なので、ダメージを抑えなければだんだんと痛み止めを飲む量が増えていき、そのうち対応出来なくなってしまう可能性が出てきてしまうからです。

 

ダメージに関しては、時間の余裕と行動量、ストレスの大きさなどによってくるので、実際どこで自分の体に無理をしているのか調べる事が一番かなと思います。

 

 

自分で対応出来く辛い場合は痛み止めも有効なので、自分と相談して使うといいのかなと思いました。

 

まとめ

痛み止めで感情の乱れが改善されるという事は体の痛みが取れれば感情が安定できると思います。

なので、体の痛みを取るような行動を出来るようにスケジュール管理してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です