心理系

他人と比較すると劣等感が沸き不幸だと思う人続出する話

こんにちは!

今回のテーマは「他人と比較すると劣等感が沸き不幸だと思う人続出する話」です。

SNS、インスタグラムなどで最新技術、パリピ、旅行、カップル、飲み会などの情報見て不愉快な気持ちになった事はあるでしょうか?

これは今の自分と他人を無意識で比べてしまい、劣っている自分に気づいた時に劣等感が生まれて不愉快の気持ちになるようです。

ブータンと言う国では昔幸福度ランキング1位と「世界一幸せな国」って言われてみんなから羨ましがられていました。

しかし、近代化したブータンの今は幸福度ランキング95位とかなり幸福度を下がっているようです。

その理由についてYOUTUBEにて分かりやすく物語にしてあるものがございますのでご紹介致します。

 

 

幸福の星ムータン

参照:Fラン大学就職チャンネル

 

個人的な感想

昔のブータンでは、一人一人に使命があり、みんなが支え合って生きていく。

その事により、自分の価値を認識しやすく、ご飯食えて楽しんでいっぱい寝れて幸せだったんだろうと思います。

 

近代化して周辺の情報を知るようになって比較したり、クレジットカードの使い方が分からず使い続けたら借金まみれになったり、色々な事が起きたようです。

 

比べなければ幸せだったのに、人間の性質で自ら不幸になっていく。

 

日本でも貧困の差が激しくなっている。

比べてしまえば結局不幸になる。

 

自分がどうなりたいのかを自分の能力の輪、生活の輪をちょっとずつ広げていく方が良いと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です