健康系

プラシーボ効果の可能性

こんにちは!

今回のテーマは「プラシーボ効果の可能性」についてです。

人間の思い込みは凄くて、薬の実験で科学的に効果が無いものでも効果があると信じて飲むと体が改善する事があります。

これをplacebo(プラセボ・プラシーボ)と呼ばれています。

 

このプラシーボ効果ってのは、効果が無いものをやっているので意味ないって判断する人がいますが、私なりの見解を述べていきます。

 

プラシーボ効果

 

 

 

こちらの動画を参考にしていただくと分かりやすいと思います。

 

個人的な見解

プラシーボ効果でも効果が出るという事は逆に考えると自分の体調はそこまで回復出来る可能性があるという事です。

自分で日頃の日常生活の過ごし方でこの回復力を高める事ができる。

 

しかし、基本的には回復力を高めるのは難しいのは事実です。

 

それは、体調が悪すぎて脳の機能が低下して回復の高い日常生活を送ろうと考えられなくなるからです。

日頃の生活でいっぱいいっぱいで余裕がない中で回復力を高めるのは結構難しいのかなと思います。

 

IQが15ポイント上がるだけで21%高くなるって研究もあり、頭の良い方は余裕を作るにはどうするのか、回復力を高めるにはどのように日常生活に取り組むのか日頃楽しく過ごすためにはどのように生活するかをやっている結果だと思います。

 

余裕がないときに何をやろうが全ての効果が薄くなります。

 

なので、その時は専門家に頼ったり、時短家電で時間を作ったり、やらなくていいものを省いたり、同時に終わらせられる何かをしたりと工夫する事が必要となります。

 

プラセボ効果分だけ自分で自然治癒力を高める事は可能であり、施術により自然治癒力を高める事も可能です。

 

私はこうなんだと決めつけた時点で思考停止しており、考えるのを止めてしまうのでちょっと振り返ってみてはいかがでしょうか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です