コラム健康系

ストレスは健康に悪い

ストレスは 考え方で 有益に

ミスしたら 怒らないであげて 穏便に

こんにちは!郡山市堤にあります、きのした鍼灸接骨院の木下です。

今回のテーマは「ストレスは健康に悪いのか」をテーマにお話致します。

皆様はストレスを知っていますか?

知ってるよ!!何言ってるんだって方多いと思います。

感情的に負担がかかる事をストレスと言いますよね。

それでは間違えではありませんが、正解ではありません。

ストレスとは外部からの圧力やプレッシャーを指します。

ストレス源はいろいろありますので、感情的に負担がかかるも一部と言うことになります。

ストレスは身体に悪いのでしょうか?

スト炎やストレスによる肩の痛みなど様々な症状を引き起こす原因とされています。

しかし、答えは否です。

心理学者のケリー・マクゴニガル氏はストレスの研究をしていてこう話されています。

「ストレスは有害だと信じているから病気になる」

ケリー・マクゴニガル氏によると、アメリカで3,000人を8年間、統計をとった結果、前年にストレスを感じた人の中で、「ストレスが健康に良くない」と信じている人の死亡リスクは、43%高くなったと話されています。その8年間の統計で、「ストレスは害」と意識して亡くなった人の総数を約18万人と、断言しています。簡単に言うと、ストレスが原因で亡くなった方が18万人もいたということですね。それと逆に、ストレスを感じているんですが、亡くならず、さらに健康になっている人たちがいたんです。その違いは、ストレスを有害と信じているか、無害と信じているかだけだったそうです

つまり、ストレスとは関係なく、ストレスが健康の害になると信じている人たちが、病気になるということです。信じる者は救われるとは逆です。害だと信じてるおかげで病気になってしまうと、ケリー・マクゴニガル氏は説明されています。これは、アメリカでは定説になりつつあります。

通常、ストレスを感じると、例えば、結婚式のスピーチなどでしょうか。

  • 心臓がバクバクいう
  • 嫌な汗をかく
  • 呼吸が浅く速くなる

などがストレスを感じている状態です。今までは、多くの人は、これが有害の証明だと思っていました。ケリー・マクゴニガル氏は逆に、これは、体がピンチになっているから、新鮮な血液を早く、たくさん送りだそうと心臓が働いているんだと、とらえるそうです。

プラスに考えるということですね。

つまり、心と体はつながっていて、心がピンチになると体が回復させようと自然に頑張るんだそうです。その表れ方が、心臓バクバク・・・と言う形になってると話されます。別な言い方もされています。体に活力を与えて、チャレンジに立ち向かう準備を整えている、と。

ですが、普通の人は、ストレスは有害だと思っているので、今の状態は悪い状態だから、抑えよう、抑えようとして病気になってしまうと話されています。

例えば、仕事で失敗した時に、自分はなんて愚かでこの仕事に向いていないのかな・・・

自分は周りより劣っていてダメなんだ。怒られてばかりでいらない存在なのかな。など

自分で自分を追い込んでしまいさらに負のストレスを与え続けるためにうつや全身の痛み、頭痛、吐き気、胃の痛みなどが起きてしまうのです。

考え方ひとつで健康に良いものになるか、悪いものになるか分かれてしまいます。

少し追い込まれた時は、考え方を少し変えると捉え方が変わります。

例えば、仕事で失敗した時に、このやり方では失敗してしまう事を知ったから次からはこのようにしよう。ここを直せば成長できる。など

スピーチなどで不安を感じていたら、この機会はあまりないから経験できるチャンスだ!

このスピーチが終わったらうまい酒が飲めるから頑張ろう!

など、今置かれている状況を分析して、楽しむことがストレスを健康に良いものにします。

まとめますと

・ストレスそのものには無害

・ストレスを有害だと思いこんでいるので、健康に悪影響が出る。

・ストレスは、体を戦えるモードにする。

失敗は誰にでもありますし、失敗は経験になります。間違える方法を学んだだけです。

一人ひとり良いところは必ずありますし、出来ない事もあります。

全てやろうとするのはやめにして、協力をしてもらうようにしましょう!

以上です。

 

【郡山市接骨院】きのした鍼灸接骨院

住所:福島県郡山市堤1丁目131-2 ドゥ・ウエルY 近くに郡山高校があります。

電話:024-983-0590

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です