ジャーナル

電子タバコによる肺の影響

こんにちは!

今回のテーマは「電子タバコによる肺の影響」です。

電子タバコは紙巻器より健康に良いということで販売されてきました。

しかし、最近になって健康に悪い事が判明して、禁止している地域も出てきました。

そこで、電子タバコの何が悪いのかについてニュースがありましたのでご紹介致します。

 

電子たばこ関連肺損傷にビタミンE酢酸エステルが関連

 

米国16州で電子たばこ製品使用による肺損傷(EVALI)患者51例、健常対照者99例を対象に、EVALIの原因物質を気管支肺胞洗浄(BAL)液の同位体希釈質量分析で調査した。

その結果、BAL液中のビタミンE酢酸エステル検出率は患者群94%、対照群0%だった。ココナッツオイルおよびリモネンが患者群で1例ずつ検出されたほかは、中鎖脂肪酸トリグリセリドや石油蒸留物などの他の毒性物質は検出されなかった。患者群の94%でBAL液中でのテトラヒドロカンナビノール(THC)、その代謝物の検出またはEVALI発症前90日以内のTHC製品使用が確認された。ニコチンまたはその代謝物の検出率は64%だった

 

 

個人的な見解

ビタミンE酢酸エステル検出率は患者群94%って怖!

今後はこの成分に変わるものを模索していく業界になるのかなと思います。

 

しかし基本的に肺に異物的なものは体に悪い。

 

今後、新たに出てくるものとかもあるけど、基本的に体に良いわけではないと考えた上で取り入れるか検討する方が良いですな。

 

どれくらいのダメージになるかは今後の研究になると思いますが、吸わないのに越したことはないって結論ですね。

 

個人の自由になりますので、やりたい方はどうぞ!

 

まとめ

格好品は体に悪いものばかりですが、辞めたら辞めたでストレスで体がボロボロ!

 

日常生活の環境を変える事が一番の健康かも知れないですな。

 

変化させないと体は変化しませんので、ちょっとずつ変えてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です