ジャーナル

脳に電極を当てるって人間はどうなるの?

こんにちは

今回のテーマは「脳に電極を当てるって人間はどうなるの?」

人間がアンドロイド化する日も近いのか?とか電気で生かされる時代が来るのか、来ないのかなどで脳に電極を繋いで刺激を与えるという事が実際に行われています。

今回はうつの改善していない人で、電極を当てたらどのような経過になったのかニュースになっていましたのでご紹介致します。

 

治療抵抗性うつ病の脳深部刺激療法、持続的奏効を確認

 

治療抵抗性の大うつ病性障害または双極II型障害患者28例を対象に、梁下帯状回への脳深部刺激(SCC DBS)療法の長期転帰を追跡調査で検討した。

その結果、2-8年の追跡期間を通じて50%以上の奏効率および30%以上の寛解率が維持された。4分の3の患者が半分超の試験期間にわたり治療奏効基準に合致し、21%の患者で初年から奏効が維持されていた。SCC DBS療法の安全性および認容性はともに良好で、急性刺激や慢性刺激による副作用も見られなかった。合併症発生率は他の適応症に対するDBS研究での結果と一貫しており、自殺者はいなかった。

 

参照:https://www.m3.com/clinical/journal/21077

 

個人的な見解

 

「SCC DBS」の画像検索結果"

 

「SCC DBS」の画像検索結果

奏効率とは、あるがん治療法を患者に用いた際、その治療を実施した後にがん細胞が縮小もしくは消滅した患者の割合を示したもの。治療法の評価の基準として用いられ、奏効率20%以上の場合に効果があるとされる。

 

50%以上の脳の異常が解消されて、30%がある程度普通の状態で維持されたって事ですかね!

それはすごい効果なんだろうなと思いました。

 

いつかは人間はアンドロイド化するかも知れませんね!

 

まとめ

人間ではない生物に変わるのか変わらないのかさっぱり!

うつ病の治療では良い結果なので、悩まれている方は、ありなのかなと思いました。

 

色々な治療があって現代の科学って未知すぎてついていけないです。

頑張って勉強していこうと思いました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です