外科系腰部

腰痛症

こんにちは!きのした鍼灸接骨院の木下です。

今回のテーマは「腰痛症」についてです。

腰痛症はその名前の通り腰の痛みになります。腰痛の原因が特定できるものはわずか15%程で残りの85%は原因不明となっております。特定できる腰痛症は腰椎圧迫骨折、椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症などがありますが、その他には、内臓の関連痛や細菌感染、がんや血管の病気などでも腰痛の原因になります。

 

原因

いわゆる腰痛の原因は
姿勢不良による腰の負担が増加
腰を支えている筋肉(特に腹横筋)の脆弱
異常筋緊張による血管圧迫、神経圧迫
重いものを持ちすぎや前かがみの姿勢での作業で負担が増加

などがございます。

また精神的ストレスが過剰にある場合も痛める事もあります。

 

治療

局所にかかる負担を減らす目的での治療になります。

姿勢改善、血流増進、神経圧迫の除去など、理学療法での手技療法、物理療法、温熱療法を使って早期に改善できるよう施術していきます。

痛みが続く事で、二次的損傷を防ぐ事が大事になりますので、痛みが気になったかたは治療を受けることをおすすめです。

 

お身体の悩みがございましたらご遠慮なくご相談下さいませ。

【郡山市接骨院】きのした鍼灸接骨院

住所:福島県郡山市堤1丁目131-2 ドゥ・ウエルY 近くに郡山高校があります。

電話:024-983-0590

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です