心理系

集中力がある人、無い人の違いは?人間の相互作用の話。

こんにちは!

 

今回のテーマは「集中力がある人、無い人の違いは?人間の相互作用の話。」です。

 

人間の性格の話となりますが、コツコツと真面目に勉強する人とコツコツとは勉強できない人がいます。

私は後者でコツコツ勉強は出来ない人間です。

 

コツコツ勉強できる人は誠実性が高い人と呼ばれ、コツコツ勉強出来ない人は拡散力が高い人とも言えます。

 

実際に勉強では環境による影響が多いので、一概に言えませんが、こう言った相反する性質が人間には存在します。

それについてざっくりまとめてみたいと思います。

 

相反する性質

 

 

誠実性(努力家) 想像性(クリエイティブ)
絆を守り家族を大切にする イケイケ
ネガティブ ポジティブ
リスクに敏感で行動しない リスクを取って行動する
嫉妬心が強い 浮気性
集中力 拡散力
ストレスをため込む ストレスを発散する
人見知り すぐに声をかける

 

様々な特性がありますね。他にもたくさんあると思いますけど、良いとか悪いとかなく特性です。

 

集中力ある人は一つの本をコツコツと読む。

拡散力がある人は集中力が無いけど、様々な興味を示す。
逆に言うと多数の本を読み変えると続ける事が出来る。

 

ネガティブはリスクに敏感でリスク回避が得意。

ポジティブはリスクを犯して行動するので、実践が多くなる。

 

など、自分の特性を理解していると、勉強する時に活用出来たり、仕事での集中出来る環境を整えられたりします。

また、相手がどのような特性を持っているか知る事で、大体の行動の予想がつきますし相手の理解力増えます。

 

ビックファイブテストで特性をある程度見極める事が可能ですのでやってみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です