健康系

電気毛布やコタツで寝ると体に悪い?

こんにちは!きのした鍼灸接骨院の木下です。

今回のテーマは「電気毛布やコタツで寝ると体に悪い?」についてです。

最近は冬に近づいてきて寒くなってきましたね。

朝方は体が震える方も出てきているんじゃないかと思います。

寒い時に電気毛布やコタツで寝ると気持ち良いですよね。

気持ち良いのは分かるのですが、その後に風邪を引いたり、喉の乾燥が激しくなっている事はありませんか?

そこで、電気毛布やコタツで寝るとそのような反応になるのかお伝え致します。

 

電気毛布やコタツで寝ると風邪をひきやすくなる理由

人間はサーカディアンリズムといって体内時計が備わっています。

そのサーカディアンリズムによって日中は活動しやすいように体を温めますが、夜は睡眠を促すために体温が低下します。

脳が体温を低下させようとさせている所を温め続けているとどうなると思いますか?

 

脳が暖かい環境に対して体を冷やさなければならないと反応をして、汗をかきます。

汗をかいて体温を低下させようとしますが、電気毛布やコタツで寝ると常に体は暖かい状態です。

 

汗をかきつづける事で、体内の水分量が低下し、液性免疫が使えにくくなるし、乾燥の環境化はウィルスの働きやすい状態になるわで感染を促す事になります。

なので、電気毛布やコタツで寝ると激しく乾燥した結果、感染しやすい状態を作ってしまうって事になります。

 

電気毛布やコタツで寝るのはとても体に危険なので、今すぐ止めましょう!

 

電気毛布やコタツの上手な使い方

電気毛布やコタツは気持ち良いですよね。

布団の中の温度の最適は33℃±1℃と言われています。

基本は体温と布団の保温で一定に保たれますが、寒い布団の中には入りたくない方もいますよね。

その時は寝る前に温めるや寝た後数分で電源が切れるようにして寝ると良いです。

 

寝る時の補足

外部環境が19℃前後が眠りやすい環境と言われています。

電気毛布とかコタツを使っても良いですが、エアコンがある方はそちらも併用した方が睡眠の質が高くなります。

エアコンを使うとお金が高くつくかも知れませんが、疲れが取れない方はやることをオススメします。

 

まとめ

寒く乾燥する季節は風邪やウィルス感染が流行ります。

そこを防ぐだけでも体調が良い状態を作れますので、寝る環境を整えてみるのはいかがでしょうか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です